FC2ブログ
2021.02.05 Canon EOS 40D
先日、ハードオフでジャンク品のEOS40Dを購入しました。

ジャンク内容はバッテリー、充電器欠品で動作未確認の為

お値段は2200円!!

安っ!!!


もちろん即買い。

バッテリーも充電器も沢山あるw

で、バッテリーを入れたら動きませんでした・・・。

チーン・・・。



でも、あきらめませんw



キヤノンのデジタル一眼で電源が入らないトラブル関係は大体バッテリーケースの所の接点(そんなことないかもしれないけれどw)

21020540d08

写真の赤丸の中心にあるピン。
蓋を閉めることでこのピンが押され電気信号が通じてカメラの起動の準備という感じ。

蓋が開いていると電源を入れても動きません

ただ、今回は蓋が閉まっていても電源が入らなかった。

でも、やっぱりここが怪しいと思い、ピンをボールペンの先で強めに抑えながら電源を入れてみたら何と起動したではありませんか!

勝った!!

その後は普通に起動するようにあなりました。

やったぜ!!


では、いつもの流れで外観から


21020540d01
めっちゃ奇麗で状態良いです

中古美品って感じですよね。


良い買い物したな。


レンズ装着
21020540d02
21020540d03
カッコいいですね。

パンケーキレンズ似合うよね。

大きいレンズもカッコいいですけど。


天面
21020540d04
ミドルクラスのモデルなのでサブ液晶も搭載されてますよ。


背面
21020540d05
液晶内の情報表示はシンプルですね。

撮影可能枚数表示の所がカンストしてるw



ホップアップストロボ
21020540d06



カードリーダー
21020540d07



バッテリーケース
21020540d09

バッテリーは毎度おなじみBP-511






製品仕様

レンズマウント  EFマウント
撮像素子   高感度・高解像度大型単板CMOSセンサー(APS-Cサイズ)
有効画素数   約1010万画素
記録媒体   CFカード(タイプI、II準拠)
ファインダー方式  ペンタプリズム使用、アイレベル式
視野率/倍率   上下左右とも約95%
測距点   9点(クロス測距)
ISO感度  100~1600 1/3段ステップ
シャッター速度  1/8000秒 
連写速度  6.5コマ/秒
液晶モニター  3型 約23万画素
質量  約740g(本体のみ)




作例



21020540d10
焦点距離428mm  絞りF6.3 シャッタースピード1/250秒  ISO-800  露出補正±0



21020540d11
焦点距離200mm  絞りF4  シャッタースピード1/200秒  ISO-640  露出補正±0



21020540d12
焦点距離24mm  絞りF2.8  シャッタースピード1/800秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d13
焦点距離24mm  絞りF2.8  シャッタースピード1/1600秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d14
焦点距離24mm  絞りF2.8  シャッタースピード1/1600秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d15
焦点距離250mm  絞りF5.6  シャッタースピード1/640秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d16
焦点距離24mm  絞りF2.8  シャッタースピード1/3200秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d17
焦点距離24mm  絞りF2.8  シャッタースピード1/2000秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d18
焦点距離55mm  絞りF4  シャッタースピード1/500秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d19
焦点距離35mm  絞りF11  シャッタースピード1/1250秒  ISO-400  露出補正±0



ここ最近は、ほぼこの40Dを使用してます。

手にずっしり来る感じだが重すぎない。

程よい重さが手に馴染む感じが良い。



特に、24mmのパンケーキレンズとの組み合わせが良かった。

歩きながらバシャバシャとスナップ写真を撮影するのが凄く楽しかった。



望遠レンズで、鉄道写真の撮影も挑戦した。

良い写真は撮れたのだが、気になったのは連写時のバッファですね。

僕は基本RAW+JPEGで撮影するので、すぐにバッファ切れになってしまう。

JPEG保存オンリーなら連続撮影可能枚数は75枚なのでRAWを使わない方は心配無用なわけだが。

RAW+JPEGだと14枚まで落ちる。

RAWオンリーだと17枚。

連写時はRAWオンリーの保存に切り替えた方が良さそう。

3枚UPは意外に大きいかもしれない。




画素数は1010万画素。

キヤノンの2桁Dシリーズでは初の10メガピクセル越え。

前型の30Dが800万画素だったので画質もUPしてます。




あと、嬉しいのがAFの測距点。

9点なのですが、オールクロス測距なのでピントが合わせやすい。




この後、この2桁Dシリーズは60D,90Dという名機が誕生します。

この40Dに関しても、この時点での一つの完成形ではないかと感じた。




中古価格の相場は現時点だと、動作確認済みでバッテリーと充電器付きの物で8000~10000円くらい。

かなり安いので、おススメ。



一眼高いから手が出ないという人には良いのではないでしょうか。
これから始めるきっかけになるかもしれません。

でも、カメラ初心者の方に中古カメラは逆に敷居が高いと言われたことが。



なるほど。

どうやって、選べばいいのか解らないということだ。


そりゃそうだ。



身近に詳しい人がいたらアドバイスをもらうと良い。


あと、中古カメラを販売しているカメラ屋さん(比較的入りやすい(^^)カメラのキタムラとかおススメ。)へ行ってお店の人に教えてもらうのも有りだと思う。
名古屋近辺の方はコメ兵もおススメ。



ちなみに僕が中古カメラを購入するときは美品か良品を選びます。
お店によって表記が違います。

カメラのキタムラならAかAB品あたり。

それから付属品は何が有るかですね。

元箱、バッテリー、チャージャー、説明書、ストラップ、できるだけ付属品が揃っている物を選びます。

状態の記載があれば内容をしっかり確認する。

こんなところでしょうか。



迷ったら40Dを買う(なんでやねん!)

初めての方に。

サブカメラに。

行楽のお供に。

お子様のおやつに。

それにつけてもおやつは40D。






Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40D







スポンサーサイト



2021.02.02 Canon EOS D30
いきなりですが、古いデジタルカメラの魅力とは何だろう?

当時は革新的なものだったが、今スペックを見ると逆にビックリ。

撮像素子の画素数は低い。

ISO感度も低かった。

100-1600とか、まるでフィルムを使っている感覚。

液晶モニターも小さかった。

15,16年くらい前にどこかのカメラメーカーのスタッフにカメラに1000万画素もいらないと説明されたことがあったのを覚えている。

当時はあまり理解していなかったが、画素数が上がれば1画素あたりの面積が小さくなり、感度が悪くなるという理由なのだろう。

600万画素程度の一眼レフは何台か持っているが確かに奇麗な写真は撮れます。

等倍にしたりすると流石に精細な描写ではないが普通に見る分には十分だと思う。

画質以外はどうだろう。

AFの精度も今の物とは違うし、感度も上げられないから三脚等を使ったり、工夫が必要。

小さく画素数の少ないモニターでは撮影した写真の確認が困難な時もある。

きちんと撮影できているのか?

良い作品は作れたのか?

そういうドキドキが欲しいのかもしれないですね。

いろいろ試して撮影して家に帰ってPCモニターで写真を確認する楽しさ。

それが味わいたいのだろう。

なんて、色々と言ってみたものの

まぁ、

使ってみたいだけだよねw

とりあえず色々理由を考えて・・・。

前置きが凄く長くなったが今回紹介するのはCanon初の普及型のデジタル一眼レフ

EOS D30デス。

210202d3004
昔からブレないCanonらしいデザイン。


レンズ装着
210202d3005
210202d3006
このD30はEF-Sレンズが使えません。

フルサイズ用のレンズしか使えません。

撮像素子はAPS-Cサイズなので、35mm換算1.6倍相当の焦点距離になります。

写真のレンズは広角端28mmなので、換算約45mm相当。

標準ズームレンズたと広角が残念な感じになってしまう。

この辺は割り切って使うしかない。


内臓ストロボ。
210202d3007
あまり上には上がらないからレンズで蹴られそう。


天面
210202d3008
サブモニターがあるから高級感あって良い。


背面
210202d3001
背面モニターは1.8型。

う~ン、小さいw


メモリーカードスロット
210202d3002

カードはコンパクトフラッシュを使用。


バッテリー
210202d3003

バッテリーはCanonユーザー様おなじみのBP-511

最近は違うか。





製品仕様

レンズマウント  EFマウント
撮像素子   高感度・高解像度大型単板CMOSセンサー(APS-Cサイズ)
有効画素数   約311万画素
記録媒体   CFカード(タイプI、II準拠)
ファインダー方式  ペンタプリズム使用、アイレベル式
視野率/倍率   上下左右とも約95%
測距点   3点
ISO感度  100~1600 1段ステップ
シャッター速度  1/4000秒 
連写速度  3コマ/秒
液晶モニター  1.8型 約11.4万画素
質量  約780g(本体のみ)


作例




210202d3009


210202d3010


210202d3011


210202d3012


210202d3013


210202d3014


210202d3015


210202d3016


210202d3017


210202d3018




最近のEOSシステムの特徴の一つであるピクチャースタイルはまだ搭載されていない。

仕上がる写真は落ち着いた色合い。

でも、すごく良い色だと思った。

311万画素しかないので解像感は全くないけどね。

それでも、この仕上がりは流石Canonさん。

表現としてはホワイトバランスと露出制御かな。

現像ソフトのDPPを使えばピクチャースタイルが使えるけどね。

でも、せっかくなので本機らしい色合いを楽しみたい。

シリーズ的には今の二桁Dシリーズの前型になる。

2桁Dシリーズはマグネシウムボディ採用だが、本機はプラスチック感が凄い。


正直性能を求めてはいけませんが、良い写真が撮れたと思います。

折角なので古いレンズと組み合わせて遊びたいですね。




2021.01.29 Nikon D70
雪降ってきちゃいました。

道路は積もってほしくないな。

明日の通勤が心配。

今日は休暇で良かった。


とりあえずお庭に積もった雪の撮影をしたり、まったりしてます。


今回は昨年の春ごろ購入したNikon D70の話。

CHRというエラーが出て撮影できない個体でジャンク品3000円くらいで購入しました。

しかし、エラーは出なかったんですよね。

で、しばらくの間70で遊んでいましたが、昨年の暮れ頃ついにエラーが出て分解修理する流れにw。

その時の話は別の記事にしてます↓
http://geminisaga88.blog.fc2.com/blog-entry-150.html


無事、直りましたのでちょいちょい遊んでますw。


では外観から。


210129d7001
210129d7002


デザインは非常にシンプル。

エントリーモデルらしい見た目です。

レンズ装着
210129d7003


レンズ付けるとカッコいいですね。

ホップアップストロボ
210129d7004


天面
210129d7005
エントリー機なのにサブ液晶搭載。

素晴らしい。


背面
210129d7006
メインモニターはさすがにちっちゃい。

写真の確認は難しいかな。


カードリーダー
210129d7007
メモリーカードはコンパクトフラッシュ。


底面のバッテリーケース
210129d7008






製品仕様

レンズマウント  Fマウント
撮像素子  23.7×15.6mmサイズ、原色CCD、ニコンDXフォーマット
記録媒体  コンパクトフラッシュカード(TypeI/II対応)、マイクロドライブ対応
有効画素数  610万画素
ファインダー方式  アイレベル式ペンタミラー
視野率  上下左右とも約95%
測距点  5箇所のフォーカスエリアから1 箇所を選択可能
ISO感度  ISO 200~1600(1/3段ステップ)
シャッター速度  1/8000秒
連写速度  3コマ/秒
液晶モニター  1.8型低温ポリシリコンTFT液晶 約13万画素
質量  約595g






作例






210129d7009
焦点距離50mm  絞りF8  シャッタースピード1/1250秒  ISO-100  露出補正±0




210129d7010
焦点距離50mm  絞りF8  シャッタースピード1/1250秒  ISO-100  露出補正±0




210129d7011
焦点距離50mm  絞りF3.5  シャッタースピード1/1600秒  ISO-100  露出補正±0



210129d7012
焦点距離50mm  絞りF3.5  シャッタースピード1/2500秒  ISO-100  露出補正±0



210129d7014
焦点距離60mm  絞りF6.3  シャッタースピード1/30秒  ISO-100  露出補正±0



210129d7015
焦点距離60mm  絞りF6.3  シャッタースピード1/30秒  ISO-100  露出補正±0



210129d7016
焦点距離28mm  絞りF6.3  シャッタースピード1/80秒  ISO-100  露出補正±0




2004年発売のエントリーモデルなのですが、エントリーモデルと侮ることなかれ。

ミドルクラスと言えるスペックの高さと言える仕上がりだと思いました。

サブ液晶搭載

ISO感度は1/3ステップ操作可能だったり。

シャッタースピードは1/8000秒まで使用可能なのは凄い。


当時はかなりの完成度の高さでライバル社やユーザーを驚かせたのではないでしょうか。

ニコンって、そういうとこあるよね。

僕はキヤノンのカメラから入ったのでキヤノン機をたくさん所有してますが、ニコンは商品見ていると凄く欲しくなる。

デザインもカッコいいしね。

D70は比較的シンプルなデザインでまとまってますが、やっぱりカッコいい。

操作的な部分の話をすると使いにくいと思った。

これはキヤノン機の操作に慣れた僕自身の問題ですね。

ニコンとキヤノンは操作が何もかも逆といっていいくらい文字道理に正反対。

レンズマウントの回転方向、露出操作のメーター、レンズのピントリングとズームリングの前後とかいろいろw

面白いw

キヤノン目線的な部分をなしにしたら、かなり使えるカメラです。

液晶モニターはさすがに小さくて見にくいですが、家に帰ってPCで写真を確認するときちんと写っている。

液晶モニターはちょっとした確認くらいで撮影に集中する感じ。

富士のXpro3的な考え方。

撮影中はかなり撮影に集中できたと思います。

撮影の考え方を見直す点でも勉強になった気がしました。





NIKON/ニコンデジタルカメラ D70 ボディ/BODY 610万画素





年末に購入したMamiya ZDの故障でショックを受けましたが気を取り直して別のカメラを購入することに、そこで見つけたのがManiya 645DF + Leaf Aptus II 8でした。

いわゆるデジタルバックシステムというやつですね。

初めて購入したデジタルバックのカメラに大興奮!!

だったのですが・・・。

え~

結論から言うと壊れてましたね。

しかも、デジタルバックの方が(´;ω;`)

マジかよ・・・。


とりあえず外観写真からUPしてきます。

正面
210121mma64503

レンズを着けるとこんな感じ。
210121mma64502
210121mma64501
めっちゃカッコよくないですか?

手に持った時のあの感動。

そして撮った時の絶望w


天面
210121mma64504


背面
210121mma64505
210121mma64506

タッチペン
210121mma64507
210121mma64508
液晶はなんとタッチパネル。
10年位前の商品なのに凄いですな。

まぁ、当時の売価は約240万。

デジタルバックだけでね。



デジタルバック
210121mma64509
210121mma64510
底面にバッテリーが付きます。


ボディ
210121mma64512
210121mma64511
なんか、フリーザ第二形態みたいw


メモリーカード
210121mma64513
CFカードをデジタルバックに入れます。


ボディの方のバッテリー
210121mma64514
単三電池を6本使用します。

僕はこのために充電池を6本購入しました。

エネループなのですが地味に高い。

無駄になっちまったよ!!

と、外観はデラかっこええ。

そら、岐阜弁にもなるて。


そして、いよいよ故障内容ですが。

写真の上下で画像が切れるのと

グレーバランスがおかしい。

210121mma64517

210121mma64516

210121mma64515

210121mma64521


画像が真っ青w

はじめは仕様だと思ってました。

グレーバランス設定してこれだから。

いや、おかしいw

てか、画像が上下で切れるとか、有り得んw

ほぼほぼ、こういう写真になってしまいましたが、

何枚か上下で分断されない写真も撮れました。

グレーバランスに関しては微調整を繰り返したり、現像ソフトでレタッチしたりしてます。


210121mma64518

210121mma64519

210121mma64522

210121mma64520

成功写真はほんの数枚でしたが、成功写真は良い感じですね。

本来はレタッチなしで素晴らしい写りなのでしょう。


それで、このような状態なので購入したカメラ屋さんに連絡。

着払いで送ってくださいと言われ、宅急便にて送りました。

点検してもらったら、やはり同じ症状が出てしまいますと言われました。

修理代理店に確認してもらったのですが、点検に2か月かかりそして直るか判らないと言われてしまいました。

結局、返品にて対応してもらいました。

残念でしたが、仕方がない。

一回でも触ることができたからラッキーだと思うことにしましょう。

お金が、帰ってきたら次は何を買おうかな?

つぎは三度目の正直になりますようにw

最後に、親切丁寧な対応をして頂いたカメラ屋さん、ありがとうございました。
2021.01.18 PENTAX K-m
今年に入って、初めて購入したカメラの紹介します。

年始はお仕事でだったので休暇の日に張り切って撮影に出かけたのですが、途中で寄ったリサイクルショップで見つけてしまったのですよ。
PENTAX K-mを。

「7000円か~」

そこのショップのスタンプカードが3000円分あったのでそれを使わせていただいて4000円で購入しました。

レンズキットだったので、安く購入出来てラッキーでした。

その日は富士フィルムのGFX100とCanonのEOS 1DX Mark IIのガチ装備で出かけたのですが、結局PENTAX K-mばかり使ってました。

ゲットしたてのカメラはテンション上がりますw


気を取り直して外観から見ていきます。

ボディ
210118km01
めちゃめちゃ小さくて軽いです。

流石、当時ママさん向けカメラをアピールしていただけはあります。


キットレンズ装着
210118km02
210118km03
それでも軽いw

付属のレンズはsmc PENTAX-DA L 18-55mm F3.5-5.6 AL

天面
210118km04
サブ液晶は無く、エントリーモデルらしいデザイン


ホップアップストロボ
210118km05


背面
210118km06
操作系ボタンはシンプル


カードリーダー
210118km07
メモリーカードはSDを使用


バッテリー
210118km08
バッテリーは単三電池4本。

アルカリ、リチウム、ニッケル水素充電池が使用できます。

充電池がおススメですが、いざという時アルカリ電池を使えるのは良いですね。

どこでも売ってるし。



ボディ製品仕様

レンズマウント  ペンタックスバヨネットKAF2マウント
撮像素子   23.5×15.7mmサイズ CCD
手振れ補正   撮像素子シフト方式
有効画素数   約1020万画素
記録媒体   SDメモリーカード、SDHCメモリーカード
ファインダー方式  ペンタミラーファインダー
視野率/倍率   約96%、約0.85倍
測距点   TTL位相差検出式(SAFOX)5点測距
ISO感度  ISO100~3200(1/3段ステップ)
シャッター速度  1/4000秒 
連写速度  2.5コマ/秒
液晶モニター  2.7型TFTカラーLCD 約23万ドット
質量  約525g(本体のみ)



レンズ製品仕様

レンズ構成   8群11枚
絞り羽根枚数   6 枚
最小絞り    F27
最短撮影距離   0.25 m
フィルター径   52mm
最大径×長さ   φ68x67.5 mm
質量   約200g






作例



210118km09
焦点距離35mm  絞りF5.6 シャッタースピード1/1000秒 ISO-100 



210118km10
焦点距離23mm  絞りF5.6 シャッタースピード1/30秒 ISO-100



210118km11
焦点距離55mm  絞りF5.6 シャッタースピード1/30秒 ISO-800



210118km12
焦点距離55mm  絞りF5.6 シャッタースピード1/45秒 ISO-800



210118km13
焦点距離55mm  絞りF5.6 シャッタースピード1/30秒 ISO-400



210118km14
焦点距離55mm  絞りF5.6 シャッタースピード1/90秒 ISO-400



210118km15
焦点距離55mm  絞りF5.6 シャッタースピード1/125秒 ISO-400



210118km16
焦点距離55mm  絞りF5.6 シャッタースピード1/45秒 ISO-400



210118km17
焦点距離55mm  絞りF5.6 シャッタースピード1/500秒 ISO-400



210118km18
焦点距離50mm  絞りF5.6 シャッタースピード1/500秒 ISO-400



210118km19
焦点距離18mm  絞りF8 シャッタースピード1/180秒 ISO-400




JEPG撮って出しなのですが凄く色の表情が豊かですよね。

以前K-50を使っていた時も思いましたがペンタックスのカスタムイメージはドラマチックで良いですね。

Canonのピクチャースタイルとも富士フィルムのフィルムシミュレーションとも違いますよね。

メーカーごとの絵作りは楽しい。

以前お近づきになったペンタックスのユーザーさんが「ペンタックスのカメラの良いところは色だ」と教えていただいたことがありました。

エントリーグレードでここまで表情豊かな写真が撮れるのは嬉しいです。

他のペンタックスの一眼が欲しくなってきましたw

ただ、気になる点もありました。

一番下の写真の水平線を見ると歪曲収差が顕著に出てるんですよね。

レンズ自体の歪曲収差はエントリーグレードなので仕方がないと思います。

ボディ側で補正してくれたらいいのに。

このモデルにはレンズ収差補正が付いていないのかな?

ボディもエントリーグレードだし。

この辺りも、他の機種が気になるところです。

まぁ、現像ソフトで収差補正すればOKだけどねw

総合的には良いカメラだと思いました。

軽量で起動力が高い所と、ボディ内手振れ補正があるのが良い。

レンズ側に手振れ補正機能がない軽いレンズが使える。

古いKマウントのマニュアルレンズで遊ぶのも楽しそう。



お値打ちにゲットできるペンタックス機はいねが~。



Pentax デジタル一眼レフカメラ K-m レンズキット K-mLK




Pentax デジタル一眼レフカメラ K-m ボディ K-m






にほんブログ村