FC2ブログ
ジャパンホビーツール EOS M用張り革キット デジタル迷彩を購入してみました。

両面テープが貼ってあるので、簡単にドレスUPできます。
デザインは何種類かあり、元ミリヲタの僕はデジタル迷彩にしてみました(^^)

150319EOSM01

150319EOSM03

150319EOSM02

結構イメージが変わってカッコいいですよね(^^)

Japan Hobby Tool Canon EOS M 張り革キット デジタル迷彩 8500 M-8500


スポンサーサイト



最近、休暇に雨が降る事が多いんですよねw

もともと雨男なんですよね(^^;
綺麗な青空を撮影したいです。

ということで、僕の主力の広角レンズを紹介します。
ファクトレンダーがレンジファインダーカメラ、ベッサシリーズ用に出した超広角レンズULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical Ⅱです。
150319uwh12mm01
なんていうか、デザインがカッコいい!!

製品仕様 
レンズマウント VMマウント(ライカMと同じ)
最小絞り F22
レンズ構成 8群10枚
絞り羽根枚数 9枚
最短撮影距離 0.5m
フィルター径 67mm
重量 230g

コシナ公式ホームページより抜粋


基本的にはフジフィルムのX-E1にマウントアダプターを付けてこのレンズを使用してます。
X-E1はAPS-Cサイズセンサーなので焦点距離は35mm判換算で18mmとなります。

では作例を紹介します。
使用ボディはX-E1

150319uwh12mm02

150319uwh12mm03

150319uwh12mm05

150319uwh12mm04

150319uwh12mm06

150319uwh12mm07

141220xe102

141220xe105

141220xe104

141220xe103

絞りは大体F5.6からF11くらいの範囲で使ってます。

やはり広角レンズの迫力はいいですね。
マニュアルフォーカスにマニュアル絞りでの操作はなかなか良いものです。

次の休暇は晴れないかな(^^)


COSINA VoightLander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical II


買っちゃったw
買っちゃったよw

コニカミノルタのコンパクトカメラDIMAGE A2
全然コンパクトじゃないけどw
150313da201
150313da202

もう、なんか形がカッコいいですよね。
それだけで買ってしまった(^^;

勿論中古ですが。
バッテリーグリップがセットで15000円
安いですね!

製品仕様
撮像素子2/3型総画素約830万画素インターレーススキャンCCD
レンズ焦点距離7.2~50.8mm(35mmフィルム換算で28~200mm相当)
開放絞り値F2.8~F3.5
フィルター径49mm
最短撮影距離0.5m(マクロモード時ワイド端0.21m、テレ端0.13m)
記録媒体 CFカード4Gまで
有効画素数 800万画素
ファインダー方式 TTL電子ビューファインダー(EVF)、チルト可能(0~90°)
ファインダー画素数92.2万画素
視野率 上下左右とも約100%
ISO感度 64から800
シャッター速度 1/4000秒(S・Mモード時1/2000秒)
連写速度 1.8コマ/秒 (Hi連続撮影:2.7コマ/秒、UHS連続撮影:7コマ/秒、640×480のみ)
液晶モニター チルト式1.8型 
質量 565約(本体のみ)

コニカミノルタ公式ホームページより転記


150313da203
この時代に、かなり性能の良いEVFなのはビックリ!
液晶もチルト式ですし。

150313da204
内臓ストロボ

150313da205
150313da206
バッテリーグリップ装着

150313da207
バッテリーは2個入ります。
単三電池ホルダーも付いてました。
単三電池6本でも動きます。

150313da208
液晶小さっ!!時代を感じますw

150313da209
カードスロット
CFカード4Gまでしか使えないのが残念w


ではでは作例をUPします。
150313da210
絞りF3.5 シャッタースピード1/500秒 ISO100 焦点距離50.8mm(マクロモード)


150313da211
絞りF3.5 シャッタースピード1/400秒 ISO100 焦点距離50.8mm(マクロモード)


150313da212
絞りF3.5 シャッタースピード1/200秒 ISO100 焦点距離50.8mm(マクロモード)


150313da213
絞りF3.5 シャッタースピード1/200秒 ISO100 焦点距離50.8mm(マクロモード)


150313da214
絞りF3.5 シャッタースピード1/200秒 ISO100 焦点距離43mm(マクロモード)


なかなか良い写りではないですか(^^)
感度が弱いので暗い場所は苦手ですが、日中の撮影ならバリバリ遊べそうですね。

お出かけが楽しみですね~。
何処に行って撮影しようかな~。

迷いどころです(^^)
先日、梅の花を撮影しましたが、お花撮影はいいですね。

ほんと、春が楽しみです(^^)

前回に続いて今回も昨年、お花の撮影で使用していたレンズを紹介したいと思います。

今回は8mmフィルムムービー用のレンズ、Dマウント・Kern YVAR 13mm F1.9です。
このレンズのイメージサークルは1/2.3型センサーとほぼ同じサイズ。
と言うことは、ペンタックスQで使用することができます。
KIPON製のマウントアダプターを購入してペンタックスQに付けました。
15030813mm1.901

ちなみに、ペンタックスQ10のセンサーも1/2.3型なので使えますが、Q7とQ-S1は1/1.7型センサーなのでレンズによってはケラれてしまうそうですね。


では作例を紹介します。

15030813mm1.903
絞りF1.9 シャッタースピード1/125秒 ISO125


15030813mm1.902
絞りF1.9 シャッタースピード1/125秒 ISO250


15030813mm1.904
絞りF1.9 シャッタースピード1/100秒 ISO160

日の丸構図で撮影すると背景が流れるようにボケるのが楽しいですね~。
ペンタックスQはセンサーサイズが小さいのでボケが出にくいですが、このレンズだと綺麗な玉ボケも出て良い感じですね。
いや~、レンズの世界は奥が深いですね(^^)
古いレンズは写り方が楽しい。
今年もバリバリ撮影するぞ~(^^)
3月になりました。
春になれば、お花の季節ですね~(^^)

ぼく、お花の撮影は好きなんですよね!
今年も楽しみだな~。

今回は昨年、お花の撮影に使用していたレンズの紹介です。

中判フィルムカメラ Mamiya645 セコール C 80mm F2.8N

レンズ仕様
レンズ構成 5群6枚
画角47°
最小絞りF22
最短撮影距離70cm
フィルター径58mm

中判レンズの面白い所は、本来使用する中判カメラ本体に付けて撮影すると広角になる所ですね。
レンズ名の焦点距離は80mm、これは6Dのようなフルサイズ(35mmサイズ)のカメラで使用すると、焦点距離はそのままの80mmですが、中判のような撮像素子が大きなカメラで使用すると画角が変わります。マミヤ645の場合は35mm換算で50mm相当になります。
50mmのフルサイズレンズをマイクロフォーサーズで使うと換算100mmになるという例の逆バージョンですね。
全てのレンズの焦点距離は35mmサイズを中心にしているみたいですね。

 
このレンズをマウントアダプターを使いEOS 6DとGX7で撮影しました。

まずはCanon EOS 6Dを使用した作例
150302セコール80F2.8C05
Canon EOS 6DはFEマウント-マミヤ645変換マウントアダプターを使います。
6Dはフルサイズなので焦点距離はそのままの80mm。

150302セコール80F2.8C04
絞りF2.8 シャッタースピード1/400秒 ISO感度100 露出補正+1

150302セコール80F2.8C03
絞りF2.8 シャッタースピード1/2000秒 ISO感度100 露出補正+1


続いてパナソニックDMC-GX7を使用した作例
150302セコール80F2.8C01
150302セコール80F2.8C02
GX7はマウントアダプターを2個使用しました。
まずマイクロフォーサーズマウントからFEマウントへ変換、EFマウントからマミヤ645マウントに変換してます。
GX7で使用すると焦点距離は35mm換算で約160mm。

150302セコール80F2.8C06
絞りF2.8 シャッタースピード1/1000秒 ISO感度200 露出補正+0.3

150302セコール80F2.8C07
絞りF2.8 シャッタースピード1/1300秒 ISO感度200 露出補正+0.3

150302セコール80F2.8C08
絞りF2.8 シャッタースピード1/1300秒 ISO感度200 露出補正+0.3

ピントを合わせた所はシャープに写ってますね。ボケも大きく綺麗に出ています。
お花を撮影するのに最短撮影距離が70cmなのは残念ですが、GX7なら換算160mmの中望遠になるので問題ないかも。
GX7のピーキング機能を使えばピント合わせも楽チンですしね~(^^)
中古で1万円台で買いました。
この値段でこの写りですから、まったくオールドレンズは最高だぜっ!!
今年の春も楽しみです(^^)




にほんブログ村