FC2ブログ
最近、GXRにはまってます。

なんでしょうね、ほとんどのユニットが1000万画素から1200万画素と画素数は高くないですし、電子ビュウファインダーも最近の物と比較すると低画素なんですが、でも持ち出してしまいます。

コンパクトなボディー、レンズ交換ではなくユニット交換と言う安心感。
マイセッティングをいくつか登録して、すばやく設定の変更。

あと、異色なカメラを持っているという所有感でしょうか。

モデルが古いのでスペックも低めですが、何ともいえない魅力を持ったカメラであります。

後継機種は出ないでしょうが、僕敵には是非出して欲しい。

さて今回は、GXRのレンズユニットの中でも一番好きなGR LENS A12 28mm F2.5の話です。
161121a1201
161121a1202

このユニットは1230万画素のAPS-Cサイズセンサーを搭載したモデルです。
大型の撮像素子搭載で高画質タイプです。

レンズの焦点距離は18.3mm。フルサイズ換算で約28mmという広角単焦点レンズになります。
風景からスナップ、F2.5と言う明るさですので物撮りもいけちゃいます。

画角は28mmと広角ですが、デジタルテレコン機能のオートリサイズズームが搭載してますので、焦点距離を買えることが可能です。
M(約1.1倍) 5M(約1.4倍) 3M(約1.8倍) 1M(約2.9倍) VGA(約5.7倍)と言う感じでテレコンが使えます。
VGAまで行くとさすがに画像サイズが小さくなっちゃうので滅多に使いませんがw
使うとしたら1.4倍か1.8倍くらいですね。

外観はやはり、コンパクトですね。
大型センサー搭載モデルながらいい感じにコンパクトです。

別売の角型フードを装着した姿は超カッコいいと思います!


製品使用
有効画素数・約1230万画素
撮像素子・23.6×15.7mm CMOSセンサー
焦点距離・18.3mm(焦点距離の35mm換算値28mm)
F値・F2.5~F22
最短撮影距離・約20cm~∞、 ※レンズ先端から
レンズ構成・6群9枚(非球面レンズ2枚2面)
フィルター径・40.5mm
ズーム倍率・デジタルズーム4.0倍  オートリサイズズーム:約5.9倍(VGA)
シャッタースピード・1/3200秒
ISO感度・3200
質量・カメラユニットのみ:約210g


作例
161121a1203
絞りF2.5 シャッタースピード1/39秒 ISO-200 露出補正±0



161121a1204
絞りF2.5 シャッタースピード1/48秒 ISO-200 露出補正±0




161121a1205
絞りF2.5 シャッタースピード1/48秒 ISO-200 露出補正±0




161121a1206
絞りF8 シャッタースピード1/410秒 ISO-200 露出補正±0




161121a1207
絞りF8 シャッタースピード1/1620秒 ISO-200 露出補正±0




161121a1208
絞りF5.6 シャッタースピード1/55秒 ISO-200 露出補正±0


1230万画素ですが、しっかり解像してます。
ボケも綺麗に出ますし、発色もいい感じですよね。

感度はさすがに弱いですね、ISO感度を上げるとノイズは目立ちます。
ノイズリダクションを活用しながらが良さそうですね。

いろんなパターンで撮影に挑戦したくなるユニットなのでガンガン使っていきたいですね(^^)





RICOH GXR用カメラユニット GR LENS A12 28mm F2.5 170560



RICOH デジタルカメラ GXR ボディ 170380


スポンサーサイト







にほんブログ村