FC2ブログ
欲しかったレンズ購入しました(^^)

180428r
24-105f4Lの新型と16-35f4LISです。

旧型の24-105F4Lと17-40F4Lは手放しました。

新しいレンズは手ブレ補正も効いて使いやすくなるよね、きっと。

撮影行くのが楽しみですね!!

何処行こうかな?

また、写真撮ったらレビューしたいと思います。
スポンサーサイト



ここの所の気候は物凄く微妙ですよね。

暖かくなって、いつもよりも速くサクラが咲いたと思ったら、急に寒くなって、体が付いていきません。

天気予報を参考に厚着したりしてます。
僕はカーディガンを着たりします。
暑くなったら脱げますし。

この時期の体調管理は大変です(^^;


さて、今回は3月2日に手に入れた富士フィルム X-H1のお話。

発売日は3月1日でしたが、その日はCP+2018に参加していて受け取れませんでした。
翌日に某家電量販店で受け取ってきました。

X-H1は富士フィルム初のボディー内手ブレ補正搭載モデルなんですよね。
待ってましたよ富士フィルムさん!!

一昔前にXマウントはイメージサークルのギリギリの大きさで設計されているからボディー内手ブレ補正は付けれないと噂がありましたので、僕的にはテンション上がりまくり↑↑

商品を受け取って、家に帰る前に、待ちきれず車内で開封をしてしまいました←感全に子供w

開封したらテンションMAXで、「このまま彦根に行くか!!」と他県へ行っちゃいました。


X-H1はX-T2と同じで一眼レフスタイルのデザイン
180417xh101
180417xh104
カッコいいですね~!!

180417xh102
180417xh103
グリップはかなり大型化されました。
持ちやすいです。

180417xh105
軍艦部にはサブ液晶が搭載されました。GFXみたい。

180417xh108
180417xh109
3方向チルト液晶
縦位置でローアングル撮影できるのはいいですね。


180417xh107
180417xh106
付属のストロボは折りたたみ式。
ホットシューに取り付けます。
バウンスは出来ません。
ガイドナンバーは約8。


別売のバッテリーグリップ装着
180417xh110
180417xh111
カッコいい~!!

バッテリーグリップって大抵バッテリーを2個搭載できますが、この商品は3個入ります。
ビックリ!!
X-Pro2の時から気になっていたバッテリー消費は相変わらず大きいです。
予備バッテリーは必需品です。
バッテリーはお値段が高いですが予備の準備をお奨めします。




製品仕様

レンズマウント  Xマウント
撮像素子  APS-CサイズX-Trans CMOS IIIセンサー
有効画素数  約2430万画素
記録媒体  SDカード(~2GB)/SDHCカード(~32GB)/SDXCカード(~512GB)UHS-Ⅰ/UHS-Ⅱ対応
ファインダー方式  0.5型有機ELファインダー 約369万ドット
視野率/倍率  約100%/約0.75倍 
ISO感度  ISO200~12800 拡張モードISO100/125/160/25600/51200
シャッター速度  メカ1/8000秒 電子1/32000秒
連写速度  14コマ/秒(電子シャッター設定時)
液晶モニター  3.0型 3:2アスペクト 3方向チルト式タッチパネル付きTFTカラー液晶モニター 約104万ドット
質量  約623g(本体のみ)




作例 
180417xh113
絞りF8 シャッタースピード1/950秒 ISO-200 露出補正-1 焦点距離200mm




180417xh115
絞りF4.8 シャッタースピード1/1100秒 ISO-200 露出補正±0 焦点距離200mm




180417xh114
絞りF8 シャッタースピード1/250秒 ISO-200 露出補正-1 焦点距離18mm




180417xh116
絞りF4 シャッタースピード1/80秒 ISO-640 露出補正±0 焦点距離55mm





180417xh118
絞りF4.8 シャッタースピード1/500秒 ISO-200 露出補正±0 焦点距離200mm




180417xh119
絞りF4.8 シャッタースピード1/300秒 ISO-320 露出補正±0 焦点距離200mm




180417xh117
絞りF8 シャッタースピード1/27秒 ISO-250 露出補正+1 焦点距離19mm




180417xh112
絞りF11 シャッタースピード42秒 ISO-200 露出補正±0 焦点距離134mm




使用してみて、戸惑う所がありました。

ビックリしたのがシャッターでした。
X-Pro2の感覚でシャッターを半押ししたらシャッターが切れちゃいました。
フェザータッチシャッターという仕様でやたらシャッターが軽い。
これは慣れるまで苦労しました。
シャッター音も小さいです。最近のパナソニックやオリンパスのミラーレスみたいに静かな音です。
X-E2やX-Pro2はシャッター音がしっかりしていて好きでしたので、ちょっとショック。
でも、このカメラは考え方が違うのでしょう。
より、繊細な撮影に対応したカメラなのです。
X-E2やX-Pro2はオールドカメラスタイルやシャッター音も含めて楽しめるそんなカメラなんだと思いました。
なのでX-H1はこれでいいのです。

あと、使用していると液晶表示がカクカクしだしました。
マジで初期不良かと思いました。
ネットで調べまくったらこれは省電力モードだと判明しました。
良かったー。
気になる人はブーストモードに切り替えてください。
そうしたら液晶表示はカクカクしなくなります。

新機能センサーシフト方式5軸補正のおかげで、僕の大好きなオールドレンズが手ブレ補正で使えるのが嬉しいですね。
ヤシカの135mmとかキャノンのNFD85mmLとか助かります。
オールドレンズ+フィルムシミュレーション+手ブレ補正
最高ですね。
手ブレ補正効果は純正Mマウントアダプターで3軸手ブレ補正になるそうです。
僕はMマウントから更に別のマウントに変換して使ってます。
富士の純正のMマウントアダプターならディストーションや周辺光量の補正が出来ます。

純正のマウントアダプターでなくても手ブレ補正の効果はあるという噂がありますが、どうなのでしょう?
純正を使うほうが確実ですよね。

使い始めは戸惑う事もありましたが、素晴しいカメラだと思います。
メイン機としてガンガン使っていきますよ!!

今後は、Xマウントレンズも増やしていく計画も立ててます。


FUJIFILM ミラーレス一眼 X-H1ブラック X-H1



FUJIFILM X-H1用縦位置バッテリーグリップ VPB-XH1



FUJIFILM 充電式バッテリー NP-W126S



Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター FUJIFILM X-H1用 KLP-FXH1








にほんブログ村