FC2ブログ
先週、京都へ撮影に行ってまいりました。

1泊2日で、赴いたのは貴船神社と嵯峨野の竹林。

今回の撮影に持ち出したのはEOS 1DX MarkⅡとX-H1の2台。

夜、ご飯を食べに町をブラブラしたときや古い町並みを歩いているときにスナップを撮ったりするんですけど、モノクロで撮影したくなるんですよね(^^)


で、そんな時富士フィルムのX-H1の 「ACROS」と言うフィルムシミュレーションを使っています。
お気に入りのフィルムシミュレーションなんですが、「ACROS」とは!?


富士フィルムの公式サイトから抜粋した紹介文がこちら↓

「ACROS」のフィルムシミュレーションは、超微粒子で知られる白黒フィルム「ACROS」の名を冠した新しいフィルムシミュレーションです。より滑らかな階調、引き締まった黒、美しい質感再現が特徴です。一般的な白黒モードとは一線を画する超高画質な黒白写真表現が可能です。

<ACROSの特長>
・ モノクロフィルムらしい滑らかな階調
・ 中間調はややメリハリがありつつもハイライトとシャドー部の再現性が良く破綻しにくい
・ ノイズリダクションは抑えめで、高感度で自然な粒状感があり、質感のある描写

※アクロスにYe/R/Gの3種のフィルターモードを組み合わせた撮影も可能です。


と言う事なんですね。

今回はACROS+Rフィルターでスナップを楽しんでみました。

181022xh101

181022xh102

181022xh103

181022xh104

181022xh105

181022xh106

181022xh107

181022xh108


なんだか、お洒落っぽい写真が撮れました。

気分はまたまたスナップシューター。

と言っても、ごついカメラ使用しましたが・・・。

スナップは、威圧感の無いカメラがいいですよね。

富士フィルムのX-Pro2、X-E3とかリコーのGRⅡとか。

なんか、理由をつけて新しいカメラを買おうとしてないかこの人(^^;


しかし、 ACROSっていいですよね。

また、カッコいい写真撮りに行きたくなります。




FUJIFILM ミラーレス一眼 X-H1ブラック X-H1



FUJIFILM 標準ズームレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR




スポンサーサイト



滋賀県にある多賀大社へ撮影に行ってまいりました。

あいにくの雨でしたが・・・。

それほど強い雨ではなかったのでマシでしたが。

でも、雨の日はいい写真が撮れるんですよね(^^)

機材が濡れて大変ですが・・・。

今回は14年前のカメラEOS1DsMarkⅡで撮影しました。

使用したレンズはシグマのArtシリーズ
35mmF1.4 DG HSM

35mmの単焦点レンズ1本

気分はスナップシューター!!



1810111ds201



1810111ds202



1810111ds203



1810111ds204



1810111ds205



EOS1DsMarkⅡにはピクチャースタイルが搭載されていません。
カラーマトリックスと言う機能で絵作りをします。
彩度を上げても落ち着いた色合いになります。

風景写真等で彩度を上げたいときはRAW現像ソフトのDPP4にRAWデータを入れるとピクチャースタイルの変更が可能になります。
今回は鳥居の写りこみ写真だけDPP4でピクチャースタイルを風景モードへ変更してます。

あと、レンズ光学補正が無いので、周辺光量落ちが目立ちます。
ですが、今回は補正しないほうが雰囲気が良いのでそのままです。

古いカメラと単焦点レンズ1本、なかなか楽しめましたが、100mmくらいのレンズが欲しい場面がありましたので交換レンズは必要ですね。




にほんブログ村