FC2ブログ
皆様、「のんのんびより」というアニメをご存じですか?

私の好きなアニメ作品の一つなんですが、見ているとほっこりできる良作です。

今回このアニメに登場したコンデジを紹介します。

オリンパスSH-25MR・・・・・だと思う。

たぶん・・・。

200721sh2501

のんのんびより 第四話 夏休みがはじまった に登場。

神回でしたね。

改めてカメラの外観

200721sh2502
電源を入れるとレンズが飛び出てくる例のアレ。



上部
200721sh2503
上部には電源ボタン、シャッターボタン、モードダイヤル




背面
200721sh2504
大きくて見やすい背面液晶。



底面
200721sh2506
バッテリーとSDカードは底から挿入。



三脚用のネジ穴
200721sh2505
光軸上ではないのが残念。

コンデジにはありがちですが。

コンデジらしくオート撮影がメインです。

絞り優先などの機能は非搭載。

フィルターを利用しておしゃれな感じの写真を撮影するのが良いかと。


製品仕様

撮像素子   1/2.3型 CMOS
有効画素数   1600万画素
記録媒体   SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応、128MB~128GB)、Eye-Fiカード
ISO感度   固定:80/100/200/400/800/1600/3200/6400
シャッター速度 1/2000秒
液晶モニター  3.0型 46万ドット
レンズ構成  8群9枚 (非球面レンズ:4枚)
焦点距離   4.2mm~52.5mm(35mm換算24mm~300mm)
デジタルズーム  4倍
最短撮影距離   W端:0.1m-∞、T端:0.9m-∞
質量   208g(電池、カード含む)


作例


折角なのでフィルターを活用してみる。


フィッシュアイ
200721sh2509


ピンホール
200721sh2508


ランダムタイル
200721sh2510


200721sh2507


200721sh2511


200721sh2512



フィルター撮影楽しい。

普段はこういう機能はあまり使わないから新鮮で楽しい。

楽しいってのは大事なことです。

ちなみにこちらのカラーはホワイト色。

のんのんびよりを視聴して、ホワイト色っぽかったので合わせてみました。

可愛い色目です。

大きさはIXYより一回り大きいので、最初に見たときは少しびっくり。

この手のコンデジでは大きい方じゃないでしょうか。

焦点距離が24mmスタートの300mmってのが良い感じ。

広角側は28mmじゃなく24mmが良いと思います(個人的に)

風景写真楽しめそう。



のんのんびよりおススメなの
転校生が来た




夏休みがはじまった





OLYMPUS デジタルカメラ SH-25MR ホワイト iHSテクノロジー GPS・電子コンパス内蔵 1600万画素 裏面照射型CMOS 光学12.5倍ズーム DUAL IS ハイビジョンムービー 3.0型タッチパネルLCD 3Dフォト機能 SH-25MR WHT


スポンサーサイト



前回に続き、ジャンクコンデジ3点セット110円の内の一つ、日立HDC-508Xを紹介します。

ちなみに3点セットの3つ目はAPSフィルム機のキャノンIXY220でフィルム的に使えそうにないので紹介しません。

しかし、日立がコンデジを出していたのは知りませんでした。

ビックリ!!

よくあるカード型コンデジって感じですね。
200719ezf92401 

正面のレンズカバーをスライドさせると電源が入ります。
200719ezf92402

この機体も故障していて、電源が入りませんでした。

バッテリーの電子接点を清掃したら無事起動してくれました。

上部
200719ezf92403
上部はシャッターボタンのみ

背面
200719ezf92404
液晶は比較的見やすい気がします。


200719ezf92407
バッテリーは単四電池2本で動きます。

200719ezf92405
SDカードは底面から挿入します。



製品仕様

撮像素子   1/2.5型CMOS
有効画素数   約500画素
記録媒体   SDメモリカード 2GBまで
ISO感度  ISO100相当
シャッター速度 1/2000秒
液晶モニター  2.4インチ 11.2万ドット
レンズ構成  4群4枚(非球面レンズ2枚)
焦点距離  35mm換算 単焦点44mm F3.2
デジタルズーム  4倍
最短撮影距離  通常100cm/マクロ13cm
質量   約87g(本体のみ)


作例


200719ezf92408


200719ezf92409


200719ezf92410


200719ezf92411


200719ezf92413


200719ezf92412


200719ezf92414


200719ezf92415


なんか、ガチでフィルムカメラで撮影したような印象

渋い、ヤシカのカメラより渋い。


曇っていた日のアーケードで撮影したのでノイズも出て、よりオールド感が出てしまってます。



ちなみにこの機体はAFが付いていてシャッターボタン半押しでピントを合わせます。

AFが有るのは安心です。

写りに関しては前回紹介したヤシカEZ F924の方が奇麗だと感じました。

外観は日立の方がカッコいいかな。

先日、税込み100円で購入したジャンクカメラ3点セットの一つYASHICA EZ F924 を紹介。

YASHICAのデジカメは初購入です。

フィルムの一眼レフは持ってますがデジタルカメラは持っていなかったので以前より購入を検討してました。

それがジャンクとはいえお値打ちに買えたのはラッキーでした。

今回購入したのは有効912万画素のベーシックモデルらしいです。

200718ezf92401
外観は塗装剥がれがあり

結構ボロボロ

ちなみにレンズは単焦点で35mm換算の43mmF3.25です。

スナップ向きな感じでしょうか。


バッテリーの蓋の爪の部分が完全に折れていて、蓋が閉まらないため撮影ができませんでした。
200718ezf92404
そこで瞬間カラーパテとプラバンで爪を作ってみました。

修理は上手くいき、無事に起動させることができました。

上部
200718ezf92402
電源ボタンとシャッターボタンのみ。

背面
200718ezf92403
フォントが怪しい。

底面
200718ezf92405
200718ezf92406
底から電池とSDカードを入れます。

電池は単三型を2本使います。


製品仕様

撮像素子   1/2.3型 912万画素 CMOSイメージセンサー
有効画素数   約912画素
記録媒体   SDメモリカード / SDHCカード(8GBまで対応)
ISO感度  ISO80/100/200/400/800相当
シャッター速度 1/4000秒 
液晶モニター  2.4型(インチ) TFTカラー液晶モニタ
レンズ構成   2層グラス + 3層プラスチック + IRカットフィルター
焦点距離  35mm換算 43mm
質量   約85g(本体のみ)


作例

200718ezf92407


200718ezf92408


200718ezf92409


200718ezf92410


200718ezf92411


200718ezf92412


撮影していて気付いたことは、AFというものが存在しない。

シャッターボタンを半押ししても何もおきない。

まじか

肝心の写りは渋いっス

僕が好きな感じの渋さですね。

描写は良い感じですね。

スナップ写真良い感じ。

もっと、風景写真試してみたい。



またまたコンデジ登場!!

今回紹介するカメラは僕が初めて購入したカメラです。

初購入の一眼はKiss Digital Xでしたが、初購入のカメラはIXYなんですよね。

・・・。

ちがうな・・・。

中学生くらいの時、近所のビルでカメラバーゲンをやっていて、親に「代わりに買ってきて」と言われメモとお金を渡されミノルタのαSWEET Sを購入した記憶が・・・。

なんか話がややこしくなってきた(^^;

では気を取り直して・・・。

初めて自分のお金で購入したカメラはIXYです!!

これでOK

20200711id7001
シンプルでカッコいいデザイン。
レンズの上の丸い穴は光学ファインダーだったりします。

ビックリですね。

レンズのズームに合わせてファインダーもズームするので関心です。

流石はキヤノンさん。

買った当時、撮影に苦戦した記憶があります。

知識不足が大きいですね。

で、より良いカメラを買えばいい写真が撮れると思い一眼レフの購入に至りました。

そんなこんなで、あまり使われていなかったIXY

今年、緊急事態宣言が出る前に撮影に持っていきました。

メインカメラで撮影する合間にポケットからIXYを取り出して撮影。

これが、意外に楽しい。

これがきっかけでコンデジコレクションが増えてきてますw

電源を入れると沈胴式のレンズが出てきます。
20200711id7003

上面
20200711id7004
電源ボタン シャッターボタン ズームレバーとシンプル。

背面
20200711id7002
液晶は経年劣化でコーティング剥がれが発生してます。

20200711id7005
20200711id7006
SDカードとバッテリーは底面から入れます。


製品仕様

撮像素子   1/2.5型CCD
有効画素数   約600万画素
記録媒体   SDメモリーカード
ISO感度  ISO80/100/200/400/800相当
シャッター速度 1/1500秒
液晶モニター  2.5型低温ポリシリコンTFT液晶カラーモニター(約17.3万画素)
レンズ構成   5群6枚(非球面レンズ2枚)
焦点距離  35mm換算 35(W)-105(T)mm
質量   約140g(本体のみ)


作例


20200711id7007


20200711id7008


20200711id7010


20200711id7009


20200711id7011


写真の印象はかなり柔らかい描写だなと感じました。

解像はそこそこしてますが、ホントにそこそこ・・・。

古いモデルだからな。

光をうまく使えば玉ボケも可能です。

暗い所や時間帯によってはノイズが顕著に出るので、撮影は日中の風景写真とかスナップ写真がいいかも。

何にせよ、コンデジにすっかりハマるサガさんでした。
楽天でジャンクカメラ3点セットを購入しました。

カメラ3台で110円

安い。

送料は770円w

送料の方が高い(^^;

合計金額880円

それでも安い。

セット内容は

ヤシカ EZ F924
日立  HDC-508X
Canon IXY220
200711

CanonのカメラだけAPSフィルムカメラ。

これだけは使えないっすね。

ヤシカと日立は乾電池式のデジカメ。

この2台が使えるかどうか。

てか壊れてましたが・・・。

電池を入れても動かない・・・。

ヤシカは電池蓋が割れていて閉まらない。

日立は電池を入れても起動しない。

修理ましたけどね!!

2台とも動いたので良かった。

来週撮影に行ってきます。




最近、ものすごくコンデジにハマってます。

ひとえにコンデジといっても色々ありますが。

本格的な撮影が可能な高級モデルからエントリーユーザー向けの低価格モデルと幅広くありますが、低価格帯のモデルにハマってます。

今回はCanonさんのコンデジ、IXY650を紹介します。

200710ixy65002

シンプルなカード型のデザインですが、手にしたときに見た目よりズッシリ来る感じが高級感あって良いです。

色展開は2色でシルバーとブラックです。

僕はシルバーが好きみたい。

シルバー色のカメラカッコいい!!

200710ixy65001
レンズは沈胴式で電源を入れると出てきます。

定番のスタイルですけど・・・。

上面
200710ixy65004
上面には電源ボタン、シャッターボタン、ズームレバー、モードスイッチがあります。


背面
200710ixy65003
液晶は3.0型と大きく見やすい。


200710ixy65005
バッテリーとSDカードは底面の蓋をあけて挿入します。



製品仕様

撮像素子   1/2.3型高感度CMOS(裏面照射型)
有効画素数   約2,020万画素
記録媒体   SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード
ISO感度  ISO約80-3200
シャッター速度 1/2000秒
液晶モニター  3.0型TFTカラー液晶(約46.1万ドット)
レンズ構成   7群9枚
焦点距離  35mm換算 25(W)-300mm(T)
質量   約130g(本体のみ)


作例


200710ixy65007



200710ixy65008



200710ixy65009



200710ixy65010


焦点距離は28mm-300mm相当とかなり高倍率。

ワイド端28mm
200710ixy65012

テレ端300mm
200710ixy65011


撮影モードの一つトイカメラ風で撮影
200710ixy65006



ポケットに入る大きさで28mm-300mmという高倍率ズームはコンデジならではのメリットです。
高倍率であることで撮影の幅は広がるでしょう。
300mmを生かした背景ボケの写真を撮影することもできるし。

ワイド端では歪曲が気になるところ。

IXYは低価格帯のモデルなので撮影モードは基本オート撮影。

マニュアル露出や絞り優先が無いので、なかなか思い通りの撮影は難しい。

トイカメラ風とかジオラマ風とか撮影モードを使って面白い写真を撮るのもいいですよね。

せっかくの機能は使って楽しんじゃいましょう。

一眼レフでの撮影の時とは違うベクトルでどういう風に撮影しようかを考えて撮影するのは楽しい。

総評 キラやば~・・・以上




Canon コンパクトデジタルカメラ IXY 650 シルバー 光学12倍ズーム/Wi-Fi対応 IXY650SL


Canon コンパクトデジタルカメラ IXY 650 ブラック 光学12倍ズーム/Wi-Fi対応 IXY650BK

お久しぶりでございます。

オリンパスのコンデジを中古でゲットしました。

てゆーか、オリンパスが映像事業を売却!!

ニュース見て驚きました。

なんか切ないですね。

最近はスマホのカメラが進化しているので普通に撮影する分なら十分ですよね。

僕もスマホのカメラで撮影することはあります。

でも、やっぱり物足りなくなるんですよね。

今回、紹介するカメラはCAMEDIA X-600

古いコンデジなので、これに関してはスマホのカメラの方が性能良いかな。

でも、古いコンデジでも光学ズームという魅力もあります。

あと、カメラで撮影している感が得られるのは大事かな。

いや、違うな

僕の場合、マニアックなカメラを使っている感がいいのかなw

まぁ、何にせよ。

カメラを普及させたいですね。



では、CAMEDIA X-600の外観から見ていきましょう。

200703x60002
カード型でかなりコンパクトです。
重量もめっちゃ軽い。

ポケットに入れておいてサッと出して撮影するスタイルかな。

ちなみに中古1600円で購入しました。

安いな~。

200703x60001
電源を入れるとレンズが出てきます。

背面
200703x60003
液晶はかなり小さい。

液晶の画素数も小さい。

上部
200703x60004
電源ボタンとシャッターボタンのみ

シンプル!!

200703x60005
200703x60006
バッテリーとメモリーカードは底面より入れます。

メモリーカードはxDピクチャーカード・・・・。

持ってなくてアマゾンで購入しました。


製品仕様

撮像素子   1 / 2.5型CCD
有効画素数   500万画素
記録媒体   xD-ピクチャーカード
ISO感度  ISO約64~320
シャッター速度 1/2000秒
液晶モニター  2.0型(インチ) TFTカラー液晶
レンズ構成   7群7枚
焦点距離  35mm換算 35mm~105mm
質量   約125g(本体のみ)


作例


200703x60007


200703x60008


200703x60009


200703x60010


200703x60013


200703x60012


200703x60011


200703x60014


200703x60015


200703x60016


200703x60017


今回はプログラムオートで撮影しました。

絞り優先やシャッタースピード優先などはありません。

作例写真一枚目はボケ写真を撮ってみました。

普通にボケ写真になりますが大分ボケがざわついてしまってます。

パリッとしたスナップや風景が良いかな。

ポケットに入るカメラなのでストリートスナップが良いかも。

オリンパスにしては大人し目の写真になりますね。

渋い色合いの写真が撮れますね。

僕の好きな感じ。

若干使いづらいカメラですが、それすら味だと感じるカメラでした。

1600円で良い買い物しました。







にほんブログ村