FC2ブログ
2021.02.05 Canon EOS 40D
先日、ハードオフでジャンク品のEOS40Dを購入しました。

ジャンク内容はバッテリー、充電器欠品で動作未確認の為

お値段は2200円!!

安っ!!!


もちろん即買い。

バッテリーも充電器も沢山あるw

で、バッテリーを入れたら動きませんでした・・・。

チーン・・・。



でも、あきらめませんw



キヤノンのデジタル一眼で電源が入らないトラブル関係は大体バッテリーケースの所の接点(そんなことないかもしれないけれどw)

21020540d08

写真の赤丸の中心にあるピン。
蓋を閉めることでこのピンが押され電気信号が通じてカメラの起動の準備という感じ。

蓋が開いていると電源を入れても動きません

ただ、今回は蓋が閉まっていても電源が入らなかった。

でも、やっぱりここが怪しいと思い、ピンをボールペンの先で強めに抑えながら電源を入れてみたら何と起動したではありませんか!

勝った!!

その後は普通に起動するようにあなりました。

やったぜ!!


では、いつもの流れで外観から


21020540d01
めっちゃ奇麗で状態良いです

中古美品って感じですよね。


良い買い物したな。


レンズ装着
21020540d02
21020540d03
カッコいいですね。

パンケーキレンズ似合うよね。

大きいレンズもカッコいいですけど。


天面
21020540d04
ミドルクラスのモデルなのでサブ液晶も搭載されてますよ。


背面
21020540d05
液晶内の情報表示はシンプルですね。

撮影可能枚数表示の所がカンストしてるw



ホップアップストロボ
21020540d06



カードリーダー
21020540d07



バッテリーケース
21020540d09

バッテリーは毎度おなじみBP-511






製品仕様

レンズマウント  EFマウント
撮像素子   高感度・高解像度大型単板CMOSセンサー(APS-Cサイズ)
有効画素数   約1010万画素
記録媒体   CFカード(タイプI、II準拠)
ファインダー方式  ペンタプリズム使用、アイレベル式
視野率/倍率   上下左右とも約95%
測距点   9点(クロス測距)
ISO感度  100~1600 1/3段ステップ
シャッター速度  1/8000秒 
連写速度  6.5コマ/秒
液晶モニター  3型 約23万画素
質量  約740g(本体のみ)




作例



21020540d10
焦点距離428mm  絞りF6.3 シャッタースピード1/250秒  ISO-800  露出補正±0



21020540d11
焦点距離200mm  絞りF4  シャッタースピード1/200秒  ISO-640  露出補正±0



21020540d12
焦点距離24mm  絞りF2.8  シャッタースピード1/800秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d13
焦点距離24mm  絞りF2.8  シャッタースピード1/1600秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d14
焦点距離24mm  絞りF2.8  シャッタースピード1/1600秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d15
焦点距離250mm  絞りF5.6  シャッタースピード1/640秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d16
焦点距離24mm  絞りF2.8  シャッタースピード1/3200秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d17
焦点距離24mm  絞りF2.8  シャッタースピード1/2000秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d18
焦点距離55mm  絞りF4  シャッタースピード1/500秒  ISO-400  露出補正±0



21020540d19
焦点距離35mm  絞りF11  シャッタースピード1/1250秒  ISO-400  露出補正±0



ここ最近は、ほぼこの40Dを使用してます。

手にずっしり来る感じだが重すぎない。

程よい重さが手に馴染む感じが良い。



特に、24mmのパンケーキレンズとの組み合わせが良かった。

歩きながらバシャバシャとスナップ写真を撮影するのが凄く楽しかった。



望遠レンズで、鉄道写真の撮影も挑戦した。

良い写真は撮れたのだが、気になったのは連写時のバッファですね。

僕は基本RAW+JPEGで撮影するので、すぐにバッファ切れになってしまう。

JPEG保存オンリーなら連続撮影可能枚数は75枚なのでRAWを使わない方は心配無用なわけだが。

RAW+JPEGだと14枚まで落ちる。

RAWオンリーだと17枚。

連写時はRAWオンリーの保存に切り替えた方が良さそう。

3枚UPは意外に大きいかもしれない。




画素数は1010万画素。

キヤノンの2桁Dシリーズでは初の10メガピクセル越え。

前型の30Dが800万画素だったので画質もUPしてます。




あと、嬉しいのがAFの測距点。

9点なのですが、オールクロス測距なのでピントが合わせやすい。




この後、この2桁Dシリーズは60D,90Dという名機が誕生します。

この40Dに関しても、この時点での一つの完成形ではないかと感じた。




中古価格の相場は現時点だと、動作確認済みでバッテリーと充電器付きの物で8000~10000円くらい。

かなり安いので、おススメ。



一眼高いから手が出ないという人には良いのではないでしょうか。
これから始めるきっかけになるかもしれません。

でも、カメラ初心者の方に中古カメラは逆に敷居が高いと言われたことが。



なるほど。

どうやって、選べばいいのか解らないということだ。


そりゃそうだ。



身近に詳しい人がいたらアドバイスをもらうと良い。


あと、中古カメラを販売しているカメラ屋さん(比較的入りやすい(^^)カメラのキタムラとかおススメ。)へ行ってお店の人に教えてもらうのも有りだと思う。
名古屋近辺の方はコメ兵もおススメ。



ちなみに僕が中古カメラを購入するときは美品か良品を選びます。
お店によって表記が違います。

カメラのキタムラならAかAB品あたり。

それから付属品は何が有るかですね。

元箱、バッテリー、チャージャー、説明書、ストラップ、できるだけ付属品が揃っている物を選びます。

状態の記載があれば内容をしっかり確認する。

こんなところでしょうか。



迷ったら40Dを買う(なんでやねん!)

初めての方に。

サブカメラに。

行楽のお供に。

お子様のおやつに。

それにつけてもおやつは40D。






Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 40D ボディ EOS40D







スポンサーサイト



2021.02.02 Canon EOS D30
いきなりですが、古いデジタルカメラの魅力とは何だろう?

当時は革新的なものだったが、今スペックを見ると逆にビックリ。

撮像素子の画素数は低い。

ISO感度も低かった。

100-1600とか、まるでフィルムを使っている感覚。

液晶モニターも小さかった。

15,16年くらい前にどこかのカメラメーカーのスタッフにカメラに1000万画素もいらないと説明されたことがあったのを覚えている。

当時はあまり理解していなかったが、画素数が上がれば1画素あたりの面積が小さくなり、感度が悪くなるという理由なのだろう。

600万画素程度の一眼レフは何台か持っているが確かに奇麗な写真は撮れます。

等倍にしたりすると流石に精細な描写ではないが普通に見る分には十分だと思う。

画質以外はどうだろう。

AFの精度も今の物とは違うし、感度も上げられないから三脚等を使ったり、工夫が必要。

小さく画素数の少ないモニターでは撮影した写真の確認が困難な時もある。

きちんと撮影できているのか?

良い作品は作れたのか?

そういうドキドキが欲しいのかもしれないですね。

いろいろ試して撮影して家に帰ってPCモニターで写真を確認する楽しさ。

それが味わいたいのだろう。

なんて、色々と言ってみたものの

まぁ、

使ってみたいだけだよねw

とりあえず色々理由を考えて・・・。

前置きが凄く長くなったが今回紹介するのはCanon初の普及型のデジタル一眼レフ

EOS D30デス。

210202d3004
昔からブレないCanonらしいデザイン。


レンズ装着
210202d3005
210202d3006
このD30はEF-Sレンズが使えません。

フルサイズ用のレンズしか使えません。

撮像素子はAPS-Cサイズなので、35mm換算1.6倍相当の焦点距離になります。

写真のレンズは広角端28mmなので、換算約45mm相当。

標準ズームレンズたと広角が残念な感じになってしまう。

この辺は割り切って使うしかない。


内臓ストロボ。
210202d3007
あまり上には上がらないからレンズで蹴られそう。


天面
210202d3008
サブモニターがあるから高級感あって良い。


背面
210202d3001
背面モニターは1.8型。

う~ン、小さいw


メモリーカードスロット
210202d3002

カードはコンパクトフラッシュを使用。


バッテリー
210202d3003

バッテリーはCanonユーザー様おなじみのBP-511

最近は違うか。





製品仕様

レンズマウント  EFマウント
撮像素子   高感度・高解像度大型単板CMOSセンサー(APS-Cサイズ)
有効画素数   約311万画素
記録媒体   CFカード(タイプI、II準拠)
ファインダー方式  ペンタプリズム使用、アイレベル式
視野率/倍率   上下左右とも約95%
測距点   3点
ISO感度  100~1600 1段ステップ
シャッター速度  1/4000秒 
連写速度  3コマ/秒
液晶モニター  1.8型 約11.4万画素
質量  約780g(本体のみ)


作例




210202d3009


210202d3010


210202d3011


210202d3012


210202d3013


210202d3014


210202d3015


210202d3016


210202d3017


210202d3018




最近のEOSシステムの特徴の一つであるピクチャースタイルはまだ搭載されていない。

仕上がる写真は落ち着いた色合い。

でも、すごく良い色だと思った。

311万画素しかないので解像感は全くないけどね。

それでも、この仕上がりは流石Canonさん。

表現としてはホワイトバランスと露出制御かな。

現像ソフトのDPPを使えばピクチャースタイルが使えるけどね。

でも、せっかくなので本機らしい色合いを楽しみたい。

シリーズ的には今の二桁Dシリーズの前型になる。

2桁Dシリーズはマグネシウムボディ採用だが、本機はプラスチック感が凄い。


正直性能を求めてはいけませんが、良い写真が撮れたと思います。

折角なので古いレンズと組み合わせて遊びたいですね。








にほんブログ村